速読トレーニング方法 人気比較ランキング


速読術習得マニュアルの人気ランキングの今売れてる速読術習得マニュアルをご紹介。
全額返金保証付のマニュアルもあり、安心して試すことができます♪



  速読トレーニング方法 最新キャンペーン情報!
本を数十倍の速さで読めるって本当??
実は、分厚い参考書、大量の企画書などを
瞬時に読み取る速読法があります。


この速読術はアメリカと日本で数々の特許を取得して完成したものです。
「本を数十倍の速度で読みたい!」「勉強や仕事の効率を上げたい!」 と望むのであれば、今すぐこの手紙を読み進めてください。

本を数十倍の速度で読む秘訣を公開いたします。
  速読術習得方法 人気比較ランキング。
 川村明宏のジニアス速読術
川村明宏のジニアス速読術本を読むスピードが数十倍になる速読術

新日本速読研究会で会長を務め、30年以上にわたり速読についての研究と開発をしてきた川村 明宏さんの速読方法は数々の特許を取得。

また、任天堂DSソフト「右脳を鍛える」他、速読書籍も多数出版しています。

簡単なトレーニングで読むスピードを数十倍にまでアップさせ、それと同時に 理解するスピードも数十倍にまでアップさせることができてしまう速読術。


 合格の方程式
合格の方程式「速読」と、「記憶術」をミックスした試験に合格できる勉強法

1日10分『パソコン画面を見るだけ。』のトレーニングで、「記憶力」、「集中力」、「理解力」が飛躍的にアップし、さらには視力まで回復!また「聴き流すだけ」で脳の回転が速くなり、「速読」と「記憶術」その両方を身に付けることができる各種試験に合格することができる試験合格プログラム。

宇都出先生はたった半年、独自に編み出した勉強法を実践し、担任の教師や周りの予想を大きく裏切り、 F判定からなんと東大に現役合格を果たしてしまったのです。


 試験に役立つ左脳型速読術
試験に役立つ左脳型速読術東大卒現役通訳が教える【試験に役立つ左脳型速読術】

あらゆる経歴を持つ松平勝男氏の、言語・計算・論理的な思考を司る左脳を使った速読術。
一般的に知られている速読術は写真記憶(フォトメモリー)とよく似た能力を使う「右脳型速読術」ですが、一種の才能が必要な方法と言われています。

しかし、書き留めたもの、つまり文章は左脳で処理されるため文字情報の取得スピードを上げる訓練をしていく左脳型速読術は、 受験やビジネス書、資格試験や語学などの習得に効果を発揮します。


 プチ速読DVDホームスタディコース
プチ速読DVDホームスタディコース文部科学省の「新教育システム開発プログラム」に採用!

文部科学省の初等中等教育局「新教育システム開発プログラム」にコンテンツ提供を実施し、
学校の教職員やPTAなどでコミュニケーションの指導する池江俊博さん

8歳から78歳まで、のべ2,000人以上「全員が本を早く読めるようになった」

「あなたの脳を63分で変化」させ、「効果がなければ全額返金」という自信を持つプチ速読法



  速読トレーニング方法 体験者の声
【今は6000文字位のスピードになりました。】

過去に2回速読術をやりましたがいずれも、ものになりませんでした。

川村先生の速読術はわかり易い解説で納得して訓練が出来ます。

初速は600文字程でしたが、短期間の訓練で、今は6000文字位のスピードになりました。

何日もかけて読んでいた本も毎日数冊のペースで読めるようになりました。

新聞も短時間で読むことが出来、非常に助かっております。

読むスピードが上がっても、理解力が落ちないのです。
いやむしろ理解力が上がるということもよくわかります。

時間を有効に使うことが出来ます。
川村先生、ありがとうございました。

【実践前:600文字 実践後:5500文字】

2年位前「難関な資格受験には速読術の取得が一番近道です」とアドバイスされ早速に教材を求め猛勉強を始めましたが、その心構えが不足のためか、3ヶ月以上続けても期待する成果は上げられずその内に本業の仕事に翻弄されて不本意にも中止を余儀されました。

しかしながらこの無念は機会があれば必ず又挑戦したいと心に決めておりましたが、幸運にも速読で高名な川村先生の速読術にお目にかかり、再度挑戦に恵まれ多少の不安が伴いましたが、思い切って決断しました。

そして送られてきた教材のマニュアルを見て、非常にわかりやすく解説されており、これなら習得できそうだと確信めいたものが内から湧き上がり、不安に思っていた事は消え去っており「私の決断は正解でした」と安堵しました。

実践前:600文字 実践後:5500文字日々、向上しており、うれしさのあまり今は1冊でも多くの本に読みたい意欲にタイム計を片手に図書館で訓練に励んでおります。

近い将来には今回達成出来なかった。
難関資格2件に挑戦を重要課題になお一層の努力をして参ります。

すばらしい教材を提供いただき川村先生のご恩に感謝しております。
厚くお礼申し上げます。

  速読トレーニング方法 ご感想・口コミ募集について

当サイトでは、より良い情報をお届けするために、ご感想また口コミ情報を承っております。
ここに掲載している速読方法や他の速読方法でも結構です。

皆さんが早く読めるようになりました!とお喜びの声を頂ければ、商品調査を行い、掲載させていただきます。

なお、大変申し訳ございませんが、膨大なご感想、口コミ情報処理しておりますので個別のご返答は致しかねますことをご了承の頂き、あなたのお喜びの声をお送り頂けますと幸いですm(_ _)m

ご協力いただける方は、下記よりお送り下さい。
(内容はSSLにより暗号化されて送られます。また頂きました個人情報につきましては、プライバシーポリシーに基づき厳重に保管いたしますのでご安心ください。)

■ご感想、口コミ専用メールフォーム■

速読術を習得するには、視野を広げたり、理解度の向上が必要であるが、さらに情報を引き出す速度を改善する必要もある。速読の目を作るための訓練と、速読の脳を作るための訓練が必要であるといえる。 メディアの形態や時代の要求に応じて、読書は変化しつづけている。中世の修道士と江戸の庶民、また現在の私たちはまったく異なる読書体験をしている。時代に応じて様々な形に変化するメディアに対応するために、その時々の局面に合わせいくつかの読み方を切り替える技術を身につける必要があるという要請から、速読の技術が開発されている。 日本では1981年に速読ブームが起こり、キム式の「写真記憶」(金湧真が提唱)がテレビで実演された。しかし本を瞬間的に見て、写真と同じように脳の中に鮮明に記憶できる能力を身につけた人はほとんどいなかった。加えて、上記のようなイメージ中心の速読では、抽象的な内容の哲学書や、理論的に記述された学術文書を読むことは困難である。これではキーとなる重要な抽象語句の正確な把握ができない。実用的な速読のためには、インプットのための読書力向上が不可欠である。
Copyright © 速読術トレーニング方法 人気比較ランキング All Rights Reserved.  運営者情報